ホーム / 専攻の紹介 / 機械工作室

機械工作室

ようこそ!機械工作室へ

機械工作室では、旋盤やフライス盤、マシニングセンタ、溶接機といったものづくりに欠かすことのできない設備を備えており、物理工学科機械システム学コースを対象とした「機械製作実習」の場として利用されています。また、工学研究科機械系専攻を中心とした研究活動支援として、実験装置の設計、製作、相談をおこなっています。


機械工作室では、下記のような業務を行っております。

  • 機械製作実習の準備、指導
  • 実験機器等の設計・加工依頼、相談

工作依頼書(PDF) 工作依頼書(EXCEL) ←様式が新しくなりました!

  • 各種工作機械関連の維持、管理

加工可能な材料

炭素鋼、構造用合金鋼、工具鋼、ばね材(生材)、ステンレス鋼などの鉄鋼材料
銅系合金、アルミニウム系合金などの非鉄金属材料
アクリル、ベークライト、MCナイロンなどの非金属材料

加工内容

一般機械工作:切断、切削、旋削、平面研削、穴あけ、ねじ加工、ボーリング加工
NC機械工作:平面および曲面のプログラミングを用いたフライス加工
ワイヤーカット放電加工
溶接:アーク溶接、ろう付けやガス、プラズマ切断


お知らせ

実習等による利用制限や閉室の日時を確認できます。

 


 

ICカードシステムの導入

これまで工作室内の機械利用や物品の貸出はエクセルで入力していましたが、

この度ICカードによる入力へ変更し、操作が容易になりました。

機械工作室をご利用の際は、学生証もしくは職員証をお忘れなくお持ち下さい。

H28.3.29


ものづくり支援セミナーのページ追加

ものづくり支援セミナーの詳細ページを追加いたしましたので、

受講希望の方はご確認ください。

H25.8.27


機械製作実習に伴う工作室利用制限について

8/22(月)~8/26(金),9/12(月)~9/16(金),9/20(火)~9/27(火)

上記日程において機械製作実習を行いますので、期間中の製作依頼加工及び工作室利用につきましては、すぐの対応が出来ない恐れがあります。

希望される方は時期をずらしていただくようお願いいたします。

H28.8.8


 

工作機械設備を利用した機械加工がメインですが、機械工作室内に相談室を設け、材料や機械要素部品などのカタログを自由に閲覧出来るようになっています。
また、職員が設計・加工の相談に応じ、材料や工具等の発注も応じます。

IMG_0896_mini.jpg IMG_0867_mini.jpg IMG_0193_mini.jpg

IMG_0380_mini.jpg IMG_0221_mini.jpg SANY0006_mini.jpg


お問い合わせ

京都大学大学院 工学研究科機械理工学専攻 機械工作室
〒615-8540 京都市西京区京都大学桂Cクラスター総合研究棟Ⅲd棟B1N03
TEL 075-383-3564   FAX 075-383-3580  
E-mail:kobaアットマークprec

*メールアドレスの後ろに .kyoto-u.ac.jp を補ってください。